ウォーキングシューズの選び方

ウォーキングシューズとランニングシューズは違います!是非専用シューズを!
ウォークライン

あまり気になさらない方もいらっしゃると思いますが、ウォーキングシューズとランニングシューズは違います。

ウォーキングシューズは、ランニングシューズに比べ、踵部分のクッションの割合を多くしています。これは、ウォークラインと言われる、歩く際の足の動き、カカトの外側から着地し、小指を通り親指で蹴りだす動きを考慮した構造になっているからです。ランニングとウォーキングでは、足の衝撃のかかる部分や、足への負担が異なるので、ウォーキングシューズとランニングシューズでは、ソール部分の強度や、つくりが、全く異なっています。

ランニングシューズで歩いたり、ウォーキングシューズで走ったりすることは、身体に負担をかけてしまうことになり、せっかくの健康のために運動が、怪我の原因にもなりかねません。

ウォーキング用には、ウォーキングシューズ、ランニング用にはランニングシューズといったように、各スポーツ用シューズは、各種目の動きや、足への衝撃などが考慮されていますので、各スポーツ用のシューズをお選びいただくことをおすすめします。

足道楽がおすすめするウォーキングシューズの選び方

ヒールカウンターが強いシューズ

ヒールカウンターが強いシューズ

踵(かかと)を安定させ、体への負担を軽減してくれるものを選びましょう。

屈曲点がきちんと曲がるシューズ

屈曲点がきちんと曲がるシューズ

地面を蹴る時、足は指の付け根で曲がります。靴も足に合った屈曲点できちんと曲がることが重要なポイントです。

ねじれがあるシューズ

ねじれがあるシューズ

路面の変化に対応する柔軟性のあるシューズを選ぶことで、怪我防止にもつながります。

クッション性があるシューズ

クッション性があるシューズ

踵部の外側より内側を硬くすることで、過度の倒れ込みを防ぎ、疲れにくくする効果が期待できます。

足の骨格と靴のラインが同じであるシューズ

足の骨格と靴のラインが同じであるシューズ

足の骨格ラインと靴のラインが合っていると、足の動きを忠実に再現することができます。足に合った最高に良い靴です。

かかとの外側がラウンド(丸い)しているシューズ

かかとの外側がラウンド(丸い)しているシューズ

歩く時には、踵(かかと)から地面に着地します。
踵部分をラウンドさせたり、その硬さを変えたりすることで、歩行中の違和感や、靴の磨り減りを軽減します。
※踵の硬さを変えているタイプもあります。

靴は誰もが履く、身体を支えるものです。お値段が高いからと言って、良いものとは限りません。ご自分の足の形や、サイズに合ったものが一番です。
ご自分の足にフィットした良いウォーキングシューズをお選びください。

足道楽では、足サイズの正確な測定や、靴選びのお手伝い&アドバイスを無料で行っております。各種ウォーキングシューズに加え、より快適に、ウォーキングを楽しんでいただけるよう、専用のインソール(中敷)もご用意致しております。
どうぞ、お気軽にご来店、ご相談ください。

足・靴のお悩み専用フォーム
facebook 足道楽ページ
女性初 ! 『骨格マイスター』が教える足と靴の隠れた知識 天使の靴えらび ☆フットケアトレーナーの日記☆
私達も愛用しています。 アスリート・著名人特集
プロからのし推薦状
お客様の声
足道楽営業日カレンダー
スタッフ募集情報
勉強会のお誘い

皆さんと気持ちは同じ!!一緒に勉強しませんか?

不動産会社様へ:店舗物件情報募集中

店舗出店場所を探しています!!

不動産会社様へ:店舗物件情報募集中
催事販売のお問い合わせについて
靴メーカー様

《当サイトについて》

当サイトには、Flashムービーを使用したコンテンツが含まれています。
快適にご利用いただくために、ブラウザの設定で、JavaScriptをオンにしてください。

また、最新のAdobe Flash Playerがご必要です。Adobe Flash Playerは、下のバナーをクリックして、Adobeサイトより、ダウンロードしていただけます(無償)。

Get Flash Player